9月の花 ヒガンバナ

9月の花【ヒガンバナ】花言葉や育て方

投稿日:

9月からの花【ヒガンバナ】

秋の花「ヒガンバナ」
「リコリス」という別名もあります。

お彼岸の花「彼岸花」という感じ表記の
イメージが強いですね。

花が咲いているときには葉がない
花が咲いていない時のみ葉がある。

赤い彼岸花(曼珠沙華)まんじゅしゃげという
呼び名もあります。

スポンサードリンク



「ヒガンバナ」花言葉

お彼岸のころに花をつけることから
ヒガンバナ(彼岸花)と呼ばれます。

曼殊沙華(マンジュシャゲ)は種類ではなくて
別名でサンスクリット語で「赤い」という意味から
きています。

日本では「彼岸花」「死人花」「地獄の花」など
のネガティブなイメージを持ちますが

欧米・英名のリコリス・ラディアータ(Lycoris radiata)
「リコリス」はギリシャ神話の女神を表しています。

ヒガンバナ:リコリス
花言葉:「情熱」「諦め」「独立」「悲しき思い出」
赤い花の色から情熱を意味するといわれています。
花と葉が同時に存在しないというころから
「諦め」「独立」という意味を持つ。

シロバナマンジュシャゲ:
(白いヒガンバナ)は
「また合う日まで」「あなた一人を思う」という
花言葉を持ちます。

スポンサードリンク



ヒガンバナの育て方

ヒガンバナは初心者でも育てやすい花ですが
いくつかポイントがあるので紹介します。

日当たり:あまり気にすることはありませんが
日当たりが悪いと花の付きに影響します。
(直接の西日は避けましょう)

置き場所:置き場所も日当たり同様あまり気にすること
はありません、気温の変化にも強い花です。

土・肥料:特に気にすることはありませんが
大量の水分に弱いので、水はけを
気にするようにしましょう。

肥料も特には必要ありません。

水   :頻繁に水やりする必要はありません。
逆に水をやりすぎると悪影響です。
乾いたと思ったら少量やるように
しましょう。

スポンサードリンク



-9月の花, ヒガンバナ
-, , , ,

Copyright© Phalaenopsis , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.