胡蝶蘭 胡蝶蘭ギフト 胡蝶蘭贈る

胡蝶蘭を贈る・胡蝶蘭の値段の違いは何?少し高いのはなぜ?

更新日:

胡蝶蘭 値段の違い

 

開店のお祝いや昇任のお祝いなどによく使われる花に、
胡蝶蘭があります。その名が示す通り、蝶蝶のような花が幾重にも重なって、

鉢の前に垂れ下がっている姿は、華やかで豪華な雰囲気を醸し出します。
クラブやスナックのカウンターには、ひときわ豪華な胡蝶蘭が飾られているのが常で、
飾られた胡蝶蘭の大きさは、まるで、その店のママの美貌と力を象徴しているかのようです。

胡蝶蘭は、見た目だけで「これは、高そう」と、誰にでも予想ができるような、
比較的、値段の分かりやすい花です。俗に、一茎5000円とか、3000円と言われています。
従って、3本鉢の中に茎が立っていれば、9000円か15000円という訳です。

スポンサードリンク



実際の値段は、

ア)ついている花の輪数、
イ)胡蝶蘭全体と一つ一つずつの花のサイズ、
ウ)鉢に植えられた茎の本数という三つの視点から評価され、
一鉢一鉢の値段が決まります。

ア)付いている花の輪数は、
できるだけ多いほど高価な品物となります。
また、花の形や色の出具合も当然のことながら、
加味された上で値段が決まります。

イ)サイズでも値段は変わります。大は小を兼ねるのことわざ通り、
やはり、大きなものほど高くなりますが、
サイズは、大、中、ミディの三種類に分けられています。
見た目には、ミディも可愛くて、
胡蝶蘭ほど存在を誇示せず、控えめ故に、
かえって美しさを感じることもあります。

ウ)茎の本数は、素人目にも分かる値段の根拠です。
あまり見ませんが、1本立ちのものもあります。
しかし、普通は、3本立ち、5本立ち、7本立ちの三種類で、
販売されています。前述したように、
一本がいくらするのかを尋ねれば、自ずと値段は決まります。

胡蝶蘭は、芸能界の公演などの楽屋に贈られるなど、
華やかな雰囲気を作るのに、かっこうの花です。
「幸福が飛んでくる」という、おめでたい花言葉をもっていることもあって。
高価ではありますが、贈る方も贈られる方も、
それ相応の付加価値を手にすることができそうです。

胡蝶蘭は、華やかな雰囲気を演出し、作り出す花として、
最適です。高価な花であることを誰でもが知っていますので、
胡蝶蘭を贈られるというのは、その人の付き合いの広さを、
それとなく示していることになります。

逆に、札を立てることで、贈り主の方をもアピールすることもできます。
さらには、花持ちが極端に長く、基本的に、
毎日の世話も必要なく、その上、微香ですから、

花の匂いに弱い人でも大丈夫です。加えて、

時期や旬がありませんので、

いつでも贈ることができる、まさに万能の花です。

スポンサードリンク



胡蝶蘭を贈る

 

 

-胡蝶蘭, 胡蝶蘭ギフト, 胡蝶蘭贈る
-, , ,

Copyright© Phalaenopsis , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.