胡蝶蘭 贈る 注意 マナー 贈ってはいけない 

胡蝶蘭 贈る 注意 マナー 贈ってはいけない

 

胡蝶蘭,贈る,マナー,注意,贈ってはいけない

 

 

開店・開業・引越しなどのお祝いでの定番となってる胡蝶蘭

 

どんな人でも喜んでくれそうな胡蝶蘭ですが贈ってはいけない

 

ケースや場面・マナー・はあるのでしょうか?

 

また、どんなことに注意すればいいのかな?

 

 

胡蝶蘭を贈ってはいけないケース

 

お見舞いに贈ってはダメ

 

胡蝶蘭に限らず、「鉢植え」は「根づく」⇒「寝づく」

 

という連想から、贈ってはいけないというのが常識です。

 

 

逆にお葬式では華やか過ぎるから贈ってはいけないと

 

思われている方もいらっしゃいますが、

 

条件付きで大丈夫だそうです。

 

「白」の胡蝶蘭が良いと専門家はおっしゃっていました。

 

「色」には注意があって、紅白に見える胡蝶蘭はNGだそうです。

 

花は白、中心の弁は赤という種類は避けるのが決まりです。

 

 

胡蝶蘭の色

 

 

お花が「赤」の場合は引越し⇒「火事」を連想

 

 

開店・開業⇒「赤字」を連想させるので

 

 

マナー違反だそうです。

 

 

真っ赤ではなくてもボルドー系でも避ける方がよいと

 

 

専門家社長の言葉です。

 

 

胡蝶蘭,贈る,マナー,注意,贈ってはいけない

胡蝶蘭・注意点・マナー

 

胡蝶蘭の値段に注意

 

胡蝶蘭の値段は特別な品種ではない限り

 

価格がほぼわかります。

 

花の大きさ、本数により共通の価格が

 

わかるといえます。

 

胡蝶蘭だからといって「安め」で恥をかく。

 

または高価すぎて、先方に気を使わせないように

 

相場をみたり相談するのがよいでしょう。

 

胡蝶蘭 贈る 本数

 

基本的にお店がわかっていますが、

 

偶数ではなく奇数本で贈りましょう

 

3本・5本・7本が基本です。

 

 

開店祝い就任祝い等ギフトに最適です。生産者さんは世界洋蘭展ブルーリボン賞受賞しています。高品質でブランド力が高い胡蝶蘭を価格別に多数取り扱いがあります。

高品質な胡蝶蘭を企業努力で業界最安値というのが胡蝶蘭園.comさんです。 1年中、安定した高品質な胡蝶蘭を安価で。

花秘書はビジネス・シーンが得意です。年間販売数約5,000鉢以上の実績法人は大手や官公庁などまで手がけるビジネス系に特化した胡蝶蘭ギフトの店です。

 

大事な人に大切な贈り物・ギフト胡蝶蘭

 

 

胡蝶蘭,贈る,マナー,注意,贈ってはいけない