胡蝶蘭 値段 違い 

胡蝶蘭 贈る 相場

胡蝶蘭を贈る時に知りたい

 

胡蝶蘭の値段の違いについて

 

胡蝶蘭,値段,違い

 

「幸福が飛んでくる」という縁起の良い花言葉を持つ胡蝶蘭は、
開店や開業のお祝い、
新築祝い、金婚式など、
お祝いごとに贈る品として絶大な人気があります。
凛とした美しさと華やかさがある花なので、
新店のオープン時に、
お店の前にずらりと並んだ胡蝶蘭の美しさに、
思わず足を止めて見入ったことがあるという
人も多いと思います。
胡蝶蘭を贈る立場になった時、
こちらの胡蝶蘭とあちらの胡蝶蘭と、
同じように見えるのに、
どうして値段が違うのか、
と不思議に思うのではないでしょうか。

 

胡蝶蘭の値段は、花の「本数」「輪数」、
そして花の「大きさ」によって変わってきます。
さらに、色や品種による「グレード」も関わってきます。

 

「本数」は、鉢に植えられている胡蝶蘭の数で
、「3本立ち」「5本立ち」「7本立ち」というように、
本数が多いほど値段が高くなります。

 

「輪数」は、1つの鉢の中に咲いている胡蝶蘭の数です。
同じ「3本立ち」の胡蝶蘭なら、
当然輪数の多い鉢の方が豪華に見え、
値段が高くなります。

 

花の「大きさ」は、大輪、中輪、ミディサイズなどに分かれます。
言うまでもなく、大きな方がより豪華に見えるので、値段が高くなります。
大輪の花は、大きさが10〜15cmほどもあるので、
豪華さと見栄えのよさで人気があります。
ミディサイズになると、大きさは6〜9cmほど。
可愛らしさで人気があり、場所をとらない大きさなので、
親しい人へのプレゼントなどにも適しています。

 

胡蝶蘭の値段の違いは、
輪数も本数も異なる胡蝶蘭を比較した場合に難しくなってきます。
例えば、「@3本立ち・輪数30」と「A5本立ち・輪数40」
を比較した場合、
Aの方が値段は高くなりますが、
見た目の1本当たりの花の数は@の方が多いので、
値段の安い@の方が豪華に見えることも起こりえます。
ここに花の大きさも関わってくることになります。

 

色や品種の「グレード」も胡蝶蘭の値段の違いに大きく影響しています。
胡蝶蘭の色というと、白やピンクのイメージがありますが、
黄色や紫などもあります。
定番色である白、ピンク、赤リップ(紅白カラー)よりも、
黄色、紫、ブルーなどの方が値段が高くなる傾向があります。
さらに、新種や希少性のあるものはより高価になっていきます。

 

また、同じ「本数」「輪数」「品質」であっても、
鉢のデザインが違うために、
値段が違っていることもあるので、よく見てみましょう。
胡蝶蘭の通販サイトでは、「本数」「輪数」は明確になっているので、
この2つと花の色に注目して
比較するとわかりやすいと思います。

 

胡蝶蘭,値段,違い

おすすめ胡蝶蘭をギフト専門店

 

 

開店祝い就任祝い等ギフトに最適です。生産者さんは世界洋蘭展ブルーリボン賞受賞しています。高品質でブランド力が高い胡蝶蘭を価格別に多数取り扱いがあります。

高品質な胡蝶蘭を企業努力で業界最安値というのが胡蝶蘭園.comさんです。 1年中、安定した高品質な胡蝶蘭を安価で。

花秘書はビジネス・シーンが得意です。年間販売数約5,000鉢以上の実績法人は大手や官公庁などまで手がけるビジネス系に特化した胡蝶蘭ギフトの店です。

 

大事な人に大切な贈り物・ギフト胡蝶蘭